またーり書き込みしましょ(´・ω・`)

一つの世界があった。

その世界には様々な種族の生き物や魔法に文化があった。

ある時、それを丸ごと複製したもう一つの世界が分裂してできる。

しかし、分裂した世界にはある不思議な特異点ができた。

無限に、世界が広がり続けるのだ。たとえすでに地形ができていたとしても、

どんどんと新しいものが増えていく。そしてあたかも、最初からあったかのように

その世界の常識として置き換えられていくのだ。

私はその特異点が発生した世界を、まるで町の如く発展していく様から『city』、残された世界を一つも特異点が無い事から『xero』と名付けた。
タグ

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます