またーり書き込みしましょ(´・ω・`)

閲覧注意

















































やったぜ。 創造神:内包された狂喜名伏せし難い暗黒塊土方 (…これが帝国の……完全体〈オクテット〉無慈悲な夜の女王イーシクスディエス(水)07時空(とき)壱拾四万回神の心臓が鼓動する間22年の歳月…噂には聞いていたが、これ程とはな……)

テティーダ暦天蠍の月の叭月に舞う魔人ヴェルサス13日…いや、何千年、何万年に繰り返す悪夢のようにのエルプスユンデの偉大なる英霊“60万年を生きる存在”とトゥリヤム歴漆黒の月第瑳鐡祁疾仕蟻廚い討罎ぞた煤同一にして違えられる事象の土方のにいと4つのクリスタル大納言
(…ふむ、45歳か、やれやれ。)とエグル族(…これが帝国の……53の悠久の時を過ごす……と、いうわけか。面白い)のドライ人でノースコレルエリアに光の中…川の魔法障壁の極南でアルテマバスター思い出したったぜ。
現在(イマ)は明日が束の間の安息なんで商業院コンヴィニヱンシス朱雀で神より賜りし刹那の安堵とつまみを大切な“何か”と引き替えに手に入れて…それが世界の選択だから終焉に人が永遠なる深淵より降臨しない世界なんで、
『時の扉』で天を覆い大地を埋めつくす程に幻想へと誘う魔の薬を飲んで…その背後にある“闇”からやりはじめたんや。
3(トレイ)HNMLS構成員でティムスポヌス舐めアーウィン、その鋼鉄をも切り裂く剣の一撃を己の肉体で受け止めながらタイタンレッグアーマー──預言書の教えに身を委ねるだけに星が 消える持って気配が近づいてくた死の果実アフロディーテの悪戯をトリプル本ずつ世界を切り開け思い出したった。
悠久の時を経てしたら、マテリア穴のマテリア穴がひくひくして蘇るし、鼻孔を刺激する悪趣味な物質が光への扉を懇願してアトモスの核【core】でぐるぐるしている…しかし、その裏では、かつて自分を裏切った兄が、暗躍していたのだ…。
フ=ロスウシャのブーニベルゼにけつのマグ・メルをなめさせ迸る衝動にその身を灼きながら、先に生を受けし者の“混沌ノ渦《ネクロ・アスタリスク》”の深淵の入り口を帝国を舐めてかかり、興味本意で帝国の『闇』に手を出してたら、
最前線に先に生を受けし者が白銀のイーグルのアトモスに糞をド・ヴァーっと錬成して新訳した。
それを──“神”と呼ぶ──と同時にオッ・サンも余も鼻孔を刺激する悪趣味な物質を召喚したんや。預言は示された……アヴァントゥリガ=クァウォズィュ=ウ、天獄オーヴァドライヴや、
3神で召喚した骸を手で掬い、魂の器に見合わぬほどの魔力を解き放ちながらお互いのただの器にぬり今はまだ慌てる時ではない。わかるな?たり、
命の結晶装甲形態のドラゴンスピアをたかをくくって興味本意で帝国の『闇』に手を出しやれやれて聖水で浣腸したりした。ああ〜…最高の愉悦だぜ。
しばらくやりまくって、つまり光と闇の両側の世界から又アフロディーテの悪戯をし『集積の庭園』と運命は残酷な時を刻み始めた超導魂魄《ゼーレ・ソルディムド》が狂う程気持ちええんじゃ。
ヒルギガースのおっさんのマテリア穴の穴に余の邪悪な竜を突うずるっ込んで物語を刻むと
マテリア穴のヴォイド・ゲートが糞とスィオン・ヴェンでずるずるして殺意が良い。
にい…可愛い子猫ちゃんもベテラン戦士の喰穴に魔人突っ込んでルンブスをつかって存在する。
モラッシー=トゥラ・シャ・クァイン=テェーキ・ニシ・ヴォンまみれのベテラン戦士の遙かなる夢を創造する魔法の杖を掻き、帝国街の食堂で振舞われる定食を平らげながら、決断<ファイナル・ジャッジメント>ホーリジャしたんや。
それに、あのクラウドという剣士……そして、この地上は滅びつつあるのだからは、もはや…絶望的なまでに元騎士団長と先に生を受けし者の不浄の遺物プリンスリソードをたかをくくって興味本意で帝国の『闇』に手を出しあい、
命の営みによって生まれた、全ての生物が背負いし「原罪」を綾なしフッ まかせておけ。、次の道へ――永遠の二乗も男アムリタを錬成した。もう…おしまいだ……ラストチャンス食(や)りてェ……ぜ。
やはり…俺がやらなきゃ…!多勢に無勢で糞の層を何重にも展開した状態に弄ぶとプリメーラ・オプティマスやで。こ、これほどの──、変態親父と黒色粒子たわむれし存在しないか。
あ…興味ないね!!早く不浄の遺物の層を何重にも展開した状態にぼくたちの未来を切り開こうぜ。
ミライトシの県北であえる油断のならぬ奴…とくりゃあよ最高や。わしは163*90*53,おっさんは165*75*60、や
鼻孔を刺激する悪趣味な物質の力に包まれで食(や)りてェ標的、至急、メール…老いの繰り言と思って聴き流してくれや。
ド・カーター姿の俺が望むがまま聖戦の開始を告げし神槍して、モラッシー=トゥラ・シャ・クァイン=テェーキ・ニシ・ヴォン
別々の心がとけあう時、もう一度その手はつながれる・・・

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます