またーり書き込みしましょ(´・ω・`)

…今から数十年前。ノイエット村から一人の若者が家出をしようとしていた。

「ノインズ!!貴様、どこへ行く気だ!!お前はこの村の村長の跡継ぎなんだぞ!!」

「うるせえッ!俺は自由に生きる!!こんな狭い村じゃ息苦しすぎんだよ!!」

ノインズという青年は昔から世界を自由に旅することに憧れていた。
しかし、村長の息子という立場上、後を継ぎ村にいる事を強いられていたのである。
だが彼は夢をあきらめなかった。…20歳になり村長引き継ぎの儀を行う日の朝。
彼は荷物をまとめて父の制止を振り切り、村を飛び出した。

「はぁ…しっかしどうすっかな。どこに行けばいいのやら…」

村からあまり出たことのなかったノインズはどこに行けばいいか迷っていた。
すると、そんなところにモンスターが現れる。

「ぐるるぅ…」

「おっ…狼どもか。いいぜ、旅立ちの準備運動の相手になってくれよ!!」

ノインズは得意だった魔法で狼やムチンを蹴散らし、森を抜けた。
そして辿り着いたのは…海岸だった。

「ほおー…村の近くに海なんてあったのか。……ん?あそこ、船があるじゃねえか。乗せてってもらえねえかな?」

「おーい!誰かいるか?」

ノインズは留まってる船に外から話しかける。

「おーいって!!誰もいねえのか?」

「……うるせえなあ、誰だいったい」

中から出てきたのはノインズと同年代くらいの青年だった。

「おっ、やっぱり誰か乗ってたな。なぁ、その船に俺を乗せてくれねえか!?」

「…あ?お断りだぜ。俺が最初にこの船に乗せるのは女だって決めてんだ。帰れ」

「いいだろうがそんなケチ臭い。…じゃあ俺と勝負して勝ったら乗せてくれ!!」

「…なんだお前?こんなチンケな大陸の奴が俺に勝てると思ってんのか?」

「それはこっちのセリフだぜ。かかって来いよ」

「……このやろう!!」

それから二人の少年は戦った。勝ったのは、ノインズだった。

「つ、つええなアンタ…。名前はなんてんだ?」

「俺はノインズだ。…お前は?」

「…ウミナリだ。…乗れ、約束は守ってやるよ」

これがノインズとウミナリの出会いだった。




「…ついたぜ。俺の故郷だ」

「おおー!!すげえ!王城が見えるぞ!!」

ウミナリの故郷である大陸にたどり着いたノインズ達。

「それで、アンタこっからどうすんだ?金、あんまないんだろ」

船旅の最中、二人はお互いに自身の事を話し合っていた。
それでウミナリはノインズが当てもない旅を始めた事を知っていた。

「そうだな…まぁこの国を巡って色々考えてみるぜ。ここまで送ってくれてありがとうな!!」

「……あぁ。俺も楽しかった。また会おう」

そう言ってウミナリは去っていった。

「ふー、しっかし広え街だな…ん?」

「わーっ!!魔物が襲ってきたぞー!!」

前方から、若者が息を切らせながら魔物の襲撃を知らせに来る。
その若者の後ろを見てみると、確かに魔物が街に来ているようだ。

「おい!!騎士団はいないのか!?」

「そ、それがほとんど街の外へ行ってて…来れそうにないです!!」

そんな住民の話を聞いたノイエットは。

「……魔物か。…よし」

なんとたった一人で魔物を相手にしたのである。
この日の出来事は後に多くの人々に語り継がれることとなった。

「…そこのもの。魔法騎士団に入団することを認める」

そしてその功績と魔法の腕を買われ、国王直々に魔法騎士団への入団を許可されたのであった。
……が、しかしノインズはというと…

「……申し訳ないんですがお断りさせてもらいます」

「な、なぬ!?」

「俺…実は冒険者になりたいんです。魔法騎士団は…あまり自分に合わないというか」

「むぅ…お主の魔法の腕なら冒険者としてもすぐ名を上げられるじゃろうが…」

「じゃが、どうじゃ。少しの間だけでも魔法騎士団に入ってくれぬか。それで気に入らなければ冒険者になればよい」

「はぁ…わかりました」

こうして王の説得により、ノインズは魔法騎士団に入団することとなった。

「お前が新入りか。お前はD部隊に加わることになったぞ」


「やあ、君がノインズ君か。すごいね、たった一人で街を守ったんだってね。俺はD部隊部隊長のソジェクだ。よろしく頼む」

「私はシズカ。魔法の腕はみんなほどないけど、杖の修理とか得意だから壊れたりしたら頼ってね。」

「すげえ筋肉質なのが入ってきたな。あぁ、オイラはレーウィーンっていうんだ。よろしくな」

他にも数人の隊員達と挨拶を交わし、ノインズの魔法騎士団での活動が始まった。


「おいノインズ!!起きろよ、もうとっくにみんな集合してんぞ!!!」


「ノインズ!訓練の時間にどこ行ってたんだよ!?」


「おいノインズ!!無茶すんじゃねえよ!!ひけ!!」

ノインズは…全く魔法騎士団に向いていなかった。
実力が無いという話ではなく、とにかく協調性がなかったのだ。

「もう…。みんな困ってたわよ?」

ここは王国の中でも5本の指に入るほど豪華なレストラン。昼食をとっていた
ノインズの近くの席に座ったシズカが、彼に話しかける。

「うるせえなあ。だから俺は自由にやれる冒険者になりたいっつったんだ。はあ…そろそろやめどきか?」

「やめたらここのレストランもそう簡単に利用できなくなるわよ?ここは魔法騎士団の関係者は優先して利用できるんだから」

「おまたせー!待った〜?」

「あっサイカ。ここよ〜!」

「……そいつは?」

「この子はサイカ。私の友達よ。サイカ、こないだ話したノインズさん」

「あっ…どうも」

「……魔法騎士団の関係者には見えないんだが」

「何言ってんのよ、魔法騎士団である私の友達なんだから魔法騎士団の関係者でしょーが」

「あ、あはは…ほんとに私が利用していいのかなここ…」

「大丈夫だって、店員さんもなんも言わないし!それよりもこのスイーツとっても美味しいのよ〜」

するとその次の瞬間だった。

ガシャーン!!

「きゃあああっ!!何っ!?」

レストランのガラス張りの壁が割られ、突如大きなドラゴンが入ってきたのだ。

「なっ…ドラゴン!?そんな、この街にドラゴンが降りて来るなんて…!!」

「みんな、逃げろ!!」

一目散に逃げ出す客とウエイター達。ノインズ達は、逃げ遅れてしまった。

「サイカ!!しっかりして、ほら立つのよ!」

「ああ、足が…だ、だめ…!」

「グォオオオオオオオ!!!」

ドラゴンのブレスが彼女達を襲う。

「きゃぁあああああああ!!」

「……ハイウェーブ!!」

ノインズの手から荒波が巻き起こり灼熱のブレスをかき消す。

「ノインズ君!!」

「ここは俺が止める!!お前達は逃げろ!!」

「で、でもあなたが
「いいから行け!!」

「くっ…ノインズ君……任せたわよ!!」

そう言いシズカ達は逃げていった。

「ドラゴンか…面白い。どれほどのモンスターなのか…試させてもらうぞ!!」




その後ドラゴンに一つ傷を負わせたノインズであったが、途中でドラゴンに大きく傷を負わされ、
後から合流した魔法騎士団の隊長達によりドラゴンは討伐された。

「ノインズ君!!大丈夫!?」

「……ちっ。なんだ?カッコつけといてぼろほろにやられた俺を笑いにきたかよ」

「そんなわけないでしょうが。大体一人でドラゴンを足止めできた事自体凄いことなのよ」

「あの…!あの時のノインズさん、とってもカッコよかったです…!」

「……そ、そうか」

「あれ〜?なーにちょっと照れちゃってんのよ」

「照れてねえよッ!!」

「あははは!!ね、怪我が治ったら3人で遊びにいきましょう」

「あぁ?…俺がいたら邪魔になんねえか?」

「いいのよ。だってサイカ、あの時あなたに惚…
「わーーーっ!!」

「…おい、ここ一応病院だぞ…」


そこからシズカの手回しにより、ノインズは度々サイカと会うことになった。

そして半年程経った頃。二人は恋に落ち、結婚する事となった…。


「…おめでとう!!貴方達とってもお似合いよ!」

「ああ…ありがとう。なんか、照れるな」


その子供は、ジーノと名付けられ大切に育てられた。

……ある日のこと、サイカはジーノを連れて街の外を歩いていた。
山に美味しいきのみが成る時期で、ジーノに食べさせてあげようと出かけたのであった。

…しかし、不幸な事に彼女は凶暴な魔物に襲われてしまうのであった。
普段はその道には魔物もでず安全な道だったが…。

彼女は息子だけは守ろうと自ら息子の盾になった。
…そして、人に発見された頃には無惨に殺された死体と子供が一人横たわっていた…。

ノインズは何もしてやれなかった自分を酷く恨んだ。…そして、魔法騎士団を辞め
故郷であるノイエット村へ帰ってきた…。…その時、シズカも彼に付いてきた。
自分の友人の旦那。そして、騎士団の長い付き合いだからだった。

それ以降ノインズは人一倍魔物の様子に気を配るようになった。
村長の座を継いでからそれは村にまで影響を与える事になる。

魔王が力を発動させて魔物が活性化した時。彼は妻を失った時のことを思い出す。
村民が村の外へ行き、もし狼たちに殺されてしまったら。
…そんな光景は二度と見たくない。だから…彼は彼の息子と共に三日三晩かけ
村にバリケードを作った。そして、村から誰も出ないように閉鎖をしたのであった。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます