またーり書き込みしましょ(´・ω・`)

プロローグ『言い伝え』


その昔のことです…

広大な大地に、人が誕生しました。

人は進化と共に、知能と力を得ました。

そしてある時から、人々をまとめ上げる『リーダー』なるものが生まれたのです。

さらに時が経つにつれ、部族の中で誰がリーダーになるか争いが起こりました。

争いはさらに争いを呼び、幾つかの派閥になり、戦いが起こりました。

彼らはお互いを騙し合ったり蹴落としあったり、それはそれは醜い争いでした。

その時の人の『醜い感情』から、魔物が生まれました。

魔族は人の知識を受け継ぎました。魔族は人間より力が強く、賢く、力をつけました。

…そして、人間に危害を与え、とうとう魔物と人間の戦いとなったのです。


人間は一丸となり戦い、最終的には魔物のリーダーはどこかへ消えてゆきました。

魔物が生まれたのは、同じ種族同士で争う人間達を
一つにまとめる為に神が与えたキッカケなのだと、

今でも語られています…。



老人「…というのがこの里に伝わる言い伝えじゃよ。」

少年「へぇー、でもさお爺ちゃん。人間の協調性を取繕う為だけに生まれてきた魔物がかわいそうじゃない?」

老人「そうじゃな…そのおかげで今の人間達が協力出来ておると言われてるがのう…」

少年「それに、魔物って今じゃ人間に住処を奪われたりしてるよね?一緒に暮らしたりとか、出来ないの?」

老人「うむ…力の弱い魔物なら街に行けば共存してる姿を見られるがのぅ…偉い人間と、強い魔物。両者共に、共存という考えはないのじゃ。仮にわしらが共存を訴えても白い目で見られるじゃろうな」

少年「そっかあ…じゃあお爺ちゃん!僕が変えてみせるよ!人間と魔物が暮らせる楽しい世界にさ!!」

老人「フォフォフォ、面白いことを考える子じゃのう。どれ、楽しみに待っておこうかの」



…そして、数ヶ月が経った。
ある日突然。老人は死んだ。
魔物に殺されたのだ。

少年「じ、爺ちゃん……」

神父「……発見された時には魔物に食い荒らされてました」

少年「う…うう……」

少年「うわぁあああああああああん!!」

少年は三日三晩泣いた。
悲しさよりも遥かに強い憎しみの感情を持って泣き続けた。

少年「魔族なんて……嫌いだ!!」

幼き少年の夢は、脆くも数ヶ月で打ち砕かれたのである…

1話『壊された日常』


「うわぁあ、遅刻する!行ってきまーす!」

ヒイラギシティの住宅街に建つ一軒家から、男の子が慌てながら飛び出す。

「いってらっしゃい優也!急げば間に合うわよ、全力ダッシュ!!」

母に見送られながら男の子は学校へと急ぐ。
男の子の名前は真田優也。平木中学に通う中学二年生である。

「はぁッ…はぁッ…昨夜サッカーの試合を遅くまで見たから寝坊しちゃったなー…やっぱ録画してゆっくり見るべきだったかなッ…」

優也は遅刻1分前でギリギリ学校の敷地内に入れた。そしてホームルームが始まる寸前で
教室にたどり着いたのであった。

「優也、もう遅刻かと思ったぞー!!」

「やっぱりサッカー見てたんでしょ?」

「彼女は起こしに来なかったのかな?」

クラスメイトに囃し立てられるのを尻目に優也は席についた。

「よく間に合ったわね優也。私も結構ギリギリまで待ってたのに」

「あれ、楓今日来てたのか?」

「遅かったからおいてったわ。あんた何回お母さんに起こされたと思ってるのよ?」

「……最後に拳骨で叩き起こされたことしか覚えてないや」

「はぁ…あのねぇ。少なくとも外から聞こえる声で7回は名前を呼んでたわよ…」

優也の隣の席で話している彼女は桐谷楓。優也の幼なじみで毎日一緒に
登校をしているが今朝は優也の大寝坊に痺れを切らして先に行ってしまったようだ。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます