またーり書き込みしましょ(´・ω・`)

追加された行はこの色です。
削除された行はこの色です。

*トリッカル・マジーナ
同じ魔王軍の仲間で私と同じ八大幹部の一人。
毎日のように悪戯をする悪癖があり、皆を困らせる。
この間、整備中だったヨントーセーの回路に悪戯され
動作に異常を起こして大変だったから二度としないように
本気で叱ったけど…多分またやるわね。

*ガダル・カリナ
同じ魔王軍の仲間で私と同じ八大幹部の一人。
真面目で堅実なんだけど、どこかズレてるのよね。
魔王軍らしく怖い見た目になろうと頑張ってるみたいだけど
私に言わせれば、他の幹部達もそれほど怖い見た目してないのよ…
ちなみに身長を誤魔化すためのローブの仕掛けは私が作った。

*アスター・ラネット
私だ。
魔王軍の科学技術はほとんど私が担っている。
この組織は国家反逆の罪を被せられた父と共々に私を救ってくれた。
魔王様と、支えてくれる仲間たちに報いる為に
私はこの組織にいるんだ。

*ロヴェル・レイラ・ハーツィオ
同じ魔王軍の仲間で私と同じ八大幹部の一人。
私と同じ人間の女の子という共通点から仲が良くなるのは
必然的であった。今は親友というよりも姉妹のような距離感である。

*キュラン・ケン・ウルフ
同じ魔王軍の仲間で私と同じ八大幹部の一人。
喋り方に癖がありすぎるけど悪い人じゃない。
三種の怪人のキメラらしく、それぞれの特徴を
生かした戦い方をする。

*紫久佐 悟郎丸
同じ魔王軍の仲間で私と同じ八大幹部の一人。
旧体出身の侍で単眼の魔族なのだが、
戦いの傷で目がほぼ失明しており
私の作った発明品で視力を補っている。

*ゴルド・ボーネット
黄金の骸骨。綺麗だけど不気味な見た目は
初見では反応に困った。正直一番
魔王軍らしい見た目をしてる気がする。

*アーサー
ある日魔王様が連れ帰ってきた人間。
魔王様の言うことしか聞けない身体にされているらしいが
あの方の事だから何か理由があるのだろう。

*マギシー
魔王様のお姉様。
魔王軍一の魔法使いで彼女の魔法技術と
私の科学力を融合させればとんでもない発明が生まれるかもしれない。

*シャドー・マター
私達幹部より上に位置する魔王の側近のような存在。
全身が影の粒子で構成されており
自由自在に形を変えて移動が可能。
彼の影の中は異空間に繋がっているらしく
人を運んだりもできるみたい。
…彼がいれば、私の作った乗り物もいらないかもね。

*魔王リヴァ
魔王軍の総裁で私の恩人。
魔物の世界を実現しようと動いている。
彼の魔王としての力、知恵、心意気は
どれをとっても一級品である。
そんな彼の支配する世界で私は生きていきたい。

どなたでも編集できます